平成30年度(第49回)総会、懇親会

平成30年度同窓会福岡支部総会会場


平成30年度(第49回)の唐津鶴城同窓会福岡支部総会&懇親会は、本年も八仙閣本店で盛大に開催されました。

今年度も会員の皆様のおかげで大変素晴らしい大会を催すことができました。ありがとうございました。

今年度の参加者は、なんと鶴城福岡支部史上最高の参加者となった昨年度と全く同じ221名を数え、大盛況の会となりました。

担当幹事「東33期」の幹事長松浦謙一氏をはじめ、エース登場と当番幹事の掛け持ちで動き回っていただいた松本雅彦氏、 準備全般裏方の庶務などを精力的にこなしていただいた鬼倉友香氏など、「東33期」の素晴らしい結束力を伴った活躍ぶりは目を見張るものがあり、 会員の皆さんにもおおいに満足をしていただけたものと思われます。
東33期」の皆さん、お疲れ様でした!

 

平成30年度同窓会福岡支部総会次第 当日配布冊子



<第1部 総会>

本年度の総会は八仙閣本店にて定時どおり17時より始まりました。

総会の司会を担当するのは当番幹事東33期の鬼倉友香氏です。

吉田副会長(東12期)が開会宣言を行い福岡支部総会がスタートしました。

はじめに鶴会長(東10期)から開会の挨拶がありました。

まず、平成最後の大会となる今年度の大会も大変多くの参加者が予定され盛大に開催できたことに対して会員の皆さんに感謝を述べられました。
平成に入って母校の歴史にとって大変重要な出来事があり、それについては様々な意見のある中、「生徒ファースト」をモットーに母校をこれからも強力に支援していくことを当支部の代表として力強く宣誓されました。

福岡支部会長挨拶 また、当福岡支部の先輩の発案により、現早稲田のあるこの鶴城の下の地に我らの学び舎が永く存在して唐津の近代教育を育んできたことを示す「唐津近代教育揺籃の地」の記念碑を設置することができたことを誇りに思う、などとこの10年間の会長在位期間の思いを語られました。

次に、この総会において役員体制を刷新し、「唐津鶴城同窓会会員同士の親睦」と「母校への支援」を目標にこれからも会員みんなでこの福岡支部を盛り上げていくことを祈念すると述べられました。

動画 「開会のことば」 (4:18)

続いて、本部来賓からのご挨拶をいただきました、本年は稲葉継雄会長(東10期)、山下正美副会長(東15期)、事務局長の唐津東高校古川貴史先生(東35期)が来賓としてご列席され、 代表して稲葉継雄会長からお言葉を頂戴しました。

稲葉会長からは、いつものように当支部の大会への心温まるご祝辞を頂戴しました。

本部会長のご挨拶

稲葉会長は、6月に行われた関東支部総会において新しい東10期の会長が就任し福岡支部同様大きな盛り上がりを見せており、さらに来年は母校の120周年の年にあたることで、今後も益々各地の会員と連携して同窓会を発展させ母校を支えていきましょうと呼びかけられておりました。


唐津鶴城同窓会本部の方々におかれましては毎年多忙なスケジュールの中、本年もいつものようにご列席いただき誠にありがとうございます。
今後とも福岡支部をよろしくお願い申し上げます。

動画 「本部会長ご挨拶」 (2:32)
唐津東中高校長のご挨拶

続いて、「唐津東中高校」の校長、渡辺孝一校長先生(東23期)よりご挨拶をいただきました。

 

渡辺校長先生は、はじめに人事異動関連の話をされ、現在の職員90名中21名を唐津東高校の卒業生を占めて頑張っていることを話されました。

次にいつものように在校生の文武両道にわたる活躍ぶりを報告され、中でも惜しくも当日敗れてしまった野球部やインターハイでの各部の選手たちのことと、来年全国高校総合文化祭が佐賀県で開かれそれに向けて準備で一生懸命頑張っていることなどを詳しく説明されました。
また、国際交流の機会を父兄が良く理解して惜しみなく協力してくれることなどに感心を示されているそうです。

 

渡辺校長先生、在校生の活躍ぶりとそれを支える父兄の方々のことがよくわかりました。福岡支部をあげて応援致します。

 

動画 「唐津東中高校長ご挨拶」 (5:18)

これより眞崎事務局長議長に選任され、総会の議事が進行しました。

 

まず、勝木常任幹事より昨年度の「会務報告」があり、総会や懇親会、役員会等の開催実績を中心に説明を行い、会員の皆様の承認を得ました。

 

次に、高木幹事より昨年度の「会計報告」と、それに対する蓮尾監査からの「監査報告」があり、会員の皆様の承認を得ました。

 


今年度は役員改選の年にあたります。
鶴会長から自らも会長を交代する大幅な人事刷新の提案があり、満場一致の賛成で新しい執行体制がきまりました。 新しい会長には大西副会長が昇格され、新会長の挨拶と新執行部のお披露目をしていただきました。 新しい役員はこちらでご覧ください。

 

締めくくりに、総会の閉会の宣言を末石副会長(東15期)が行い総会は閉会しました。




<第2部 エース登場>

エース登場(松本雅彦氏)

第2部「エース登場」は、5分の休憩を入れて総会に引き続き鬼倉氏の司会で行われました。

今年の「エース登場」は、今宿駅の駅前で喫茶店を経営しながら不登校の生徒の心を救う活動を積極的にされている松本雅彦氏(東33期)です。  プロフィール

 

松本氏は、平成元年唐津東高校卒の東33期で20年余りシステムエンジニアで活躍されていましたが、息子さんの不登校問題に直面して以来、この問題に正面から取り組み、ご自分のお子さんのみならず世の中の同じ問題を抱える人たちの為に立ち上がりました。

 

講演内容は、「不登校は社会の鏡 ~ 息子の不登校で気づいた家族と社会のかたち ~」。  FBSで放映されたご自身が出演された番組を見ながら、不登校に問題への取り組み方の提言をしていただきました。 大変難しいテーマですが、会員の皆さんもしっかりと話を聞いて真剣にその問題について考える必要があると感じていました。

同じような問題に関心がある方は、是非松本氏のお店(今宿駅前のCAFEココ)へ足を運んでみてきださい。

松本雅彦様、大変ありがとうございました!


動画 「エース登場」 (2:39)






<第3部 懇親会>

いよいよお待ちかねの第3部「懇親会」です。 

懇親会の会場も引き続き「八仙閣本店」です。懇親会の司会を務めていただくのは、当番幹事東33期の瀬戸昭宏氏と上野祐一郎氏のお二人です。
息の合ったコンビで2時間の長丁場をつつがなく仕切ってもらいました。



懇親会の開会あいさつは、この日会長から顧問へ変わられたばかりの鶴博行 新顧問(東10期)からです。

鶴氏は、総会でもそうですがいつものように全身であいさつをされ、この大会が参加される皆さんの再びの元気になってお帰りになられることが一番であると述べられて開会のあいさつを締められました。

また、昨年に並び最多の参加者が集ったこの同窓会に関して会員の皆さんへの感謝の言葉を述べられて、いよいよ懇親会もスタートです。

懇親会司会者




鶴新顧問の開会あいさつ



乾杯を前に、事務局(眞﨑常任幹事)より、総会での決議事項(特に役員改選)について説明があり、鶴会長や、末石副会長、吉田副会長が退き、大西前副会長が新しい会長に、 また新しく落合 英俊氏(東7期 元九州大学副学長)および眞﨑前常任幹事が副会長に就任することになったことを報告しました。
次に、来年が福岡支部の総会50周年の記念大会になるので、来る1年間より一層の会員の皆さんのご理解とご協力を賜るようお願いしました。

新会長のあいさつ


鶴会長、末石副会長、吉田副会長お疲れさまでした!

報告を受けて、新会長「大西俊介氏(東58期)」の就任のご挨拶です。

氏は34歳の時に鶴城同窓会の仕事に携わって以来、関東支部で10年間、福岡支部で21年間と長く、鶴城同窓会の発展に貢献されてきました。
その長い経験の中でお世話になった先輩諸氏とのお付き合いを、後輩諸氏にも引き継いで同窓会の素晴らしさを引継いでいくことが最も大事だということを 力説されております。

この会長就任のあいさつでもそのことを強調され、盛大になって来た当福岡支部の集まりに喜びを感じる半面、近年年配の方々の出席が徐々に少なくなってきたことが懸念され るので、是非今後も年配の方が沢山来れるような大会にしていきたいと抱負を述べられました。

そして、大西氏はこれまで10年間当福岡支部の会長、副会長を務めてこられた鶴博行氏(東10期)、末石藏八氏(東10期)、吉田伸隆氏(東12期)、3人の長年の功績を称えて 3人へ花束の贈呈を行いました。
鶴会長、末石副会長、吉田副会長、永い間お疲れさまでした!

動画 「新会長就任あいさつ」 (5:32)


本年の乾杯の音頭を田口亮一氏(高3期)にとっていただきました。

田口氏は当支部の発足に力を尽くされ当支部の発展に貢献されてきた方です。長く当支部の役員を務めあげられ顧問に就任しておられました。
田口氏の力強い乾杯の音頭で会場はいっきに楽しい宴となりました。

田口亮一氏の乾杯



懇親会での団らん

懇親会での団らん

懇親会への参加者の皆さんは、乾杯後は久しぶりの顔合わせでにぎやかに歓談をされていました。

楽しい宴が進行する中、会場正面では当福岡支部が発掘し唐津市で正式公演を実現させた合唱組曲「唐津」のビデオを上映しました。

鶴城同窓会本部副会長の坂口政江氏(東28期)のご尽力により一昨年の唐津での初演での熱い雰囲気を感じ取ることが出来ました。

 

本年のメインイベントは「 ベリーダンスショー 」です。  「 イザベル・ジャミーラ ベリーダンス」の皆さんです。

妖艶かつ優美などの演技に会場は興奮のるつぼと化しました。 ステージに上がり込んで一緒に踊る人も出て来て大変楽しい時を過ごすことができました。 イザベル・ジャミーラの皆さん、ありがとうございました。 

会場を沸かせたベリーダンスショー

 
今年もやります!大抽選会


恒例になった、皆さんお待ちかねの「 大抽選会 」が行われました。
本年も鶴城福岡のたくさんの有志の方々にさまざまな商品を提供していただき、大いに盛り上がりました。 ご提供された方々には心より感謝いたします。 

司会者の発する当選の番号に会場の皆さんは一喜一憂していました。 この全員参加のイベントも大成功の中多くの悲喜こもごものドラマを生んで無事終了。

幸運にも当選された方々本当におめでとうございます。 不幸にも当選されなかった方々は、来年こそ幸運をつかまれますように。


動画 「大抽選会」 (0:53)



盛り上がった今年の宴もいよいよ最高潮に達しましたす。ここでお待ちかねの「校歌斉唱」が始まります。 次期幹事東34期の方々をはじめが、ステージで 音頭をとり会場全体が1つになり、大きな声で母校の歌を熱く熱く大合唱いたしました。


引き続き次期幹事東33期の代表「 鶴丸 修 」氏が、ステージにて本年10月13日に行われる平成30年度唐津鶴城同窓会年次大会 と来年のこの福岡支部総会の当番幹事として、必ずや成功させる決意と、会員の臨席をお願いされました。 
鶴丸氏の力強い宣誓に会場の皆さんは、本年の本部年次総会および来年の福岡支部総会も間違いなく大成功するものと確信して惜しみない拍手をしていました。
動画 「次期幹事挨拶」 (2:09)

 
なごやかに 校歌斉唱


閉会の言葉
万歳!


会の最後を締めくくる「万歳三唱」は、東26期の樋口 尚宏幹事とそのお仲間の方々です。 会場いっぱいに響く大きな声の音頭にあわせて「万歳三唱」を全員で唱和しました。
動画 「万歳三唱」 (1:16)



大発声の万歳三唱に会場の雰囲気が最高に達し、名残惜しくなかなか会を閉じるムードにならない様子ですが、時間が来てしまいました。

最後に麻生副会長(東16期)がこの会を盛り立てていただいた当番幹事をはじめとする皆様の尽力に感謝の意を述べられて会を閉じました。
動画 「懇親会閉会」 (1:55)

 

 

昨年に引き続き唐津鶴城同窓会福岡支部史上最高の参加者で開かれた本年の総会、懇親会は最高の盛り上がりで終わりました。 
これもひとえに、参加していただいた会員の皆様、残念ながら参加できなかった会員の皆様の固い絆と熱意によるものです。 その中でもことに、松浦謙一氏をはじめとする当番幹事「東33期」の 皆さんの入念な準備と素晴らしい会の進行には、心よりの敬意と感謝を申し上げます。

来年はいよいよ第50回の大会になります。また多くの皆さんの協力を得ながらエポックの大会となるようにしたいと思います。皆さん楽しみにお待ちください。


来年もまたお会いしましょう!!